日本人の食生活が時代と共に変化することにより、アレルギーを発症する人は年々増加傾向にあります。花粉症もこれに当てはまり年々患者が増加しているので、ザイザルやアレグラなどの治療薬を常備して花粉症に備えましょう。

  • ホーム
  • どのアレルギーを持っているか検査しましょう

どのアレルギーを持っているか検査しましょう

薬

わたしたち日本人は少なくともいくつかのアレルギーを持っているようです。
最もよく耳にする身近なアレルギー症状としては花粉症が有名ですが、これまでは症状が発症したことがなかったのに突然症状があらわれたというものです。
アレルギーは生まれ持っているものと後発性のものがあり、アレルギーとは無縁と思われている方であっても突然発症することは十分にありえるのです。
小さな子どもの場合は特にアレルギー症状に対する抵抗力が弱いため、強い症状を発症する可能性を持つ食物等は避けることが推奨されています。
症状のなかでも特に危険性が高いアナフィラキシーショックは呼吸困難等の後最悪のケースでは死に至ることもあるため、3歳頃までの小さな子どもには食べ物を選んで与えるようにします。

また、アレルギー症状を発症するものは食べ物だけではありません。
動物の皮膚組織や植物、金属など、自然界に存在するものすべてにその可能性があると言って良いでしょう。

知らず知らずのうちに口にしたり、触れたりすることで重篤な症状に見舞われるリスクを避けるためにはアレルギー検査を受けましょう。
どのような食物や生物に対してアレルギーを持っているか、検査したい項目は自分で選ぶことができます。
小さな子どもの場合は大人のように自分で違和感や症状の有無を感じる事が難しいため、検査によって予め避けるべきものを知ったうえで生活することが大切です。
特に食物に関しては学校給食などで除去食や代替食を選択することとなりますので、医師の診断が必要となってくる場合もあります。
比較的数値が低いものでも経年により数値が変動してしまうこともありますので、できれば数年置きに検査を行うと安心です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧