日本人の食生活が時代と共に変化することにより、アレルギーを発症する人は年々増加傾向にあります。花粉症もこれに当てはまり年々患者が増加しているので、ザイザルやアレグラなどの治療薬を常備して花粉症に備えましょう。

  • ホーム
  • アレルギーとパンについて:病院での結果について

アレルギーとパンについて:病院での結果について

薬を飲もうとしている男性

パンには小麦粉が含まれています。
小麦粉を使わなくてもパンを作ることはできるので、これならばアレルギー反応が出ない方もおられます。
小麦アレルギーが出てしまった場合には、痒みなどが体に出てしまったり、気分が悪くなってしまうなどの症状が出ます。
ただ、他にも、卵アレルギーなども持っている方の場合には、パンの中に卵は当然入っているため注意が必要です。

また、ココナッツに関するアレルギーなどがある方の場合、ナッツ類、つまりアーモンドなどやピーナッツなどのアレルギーも、同時に併用しているケースがあります。
同様に食べてしまった際には、痒みなどが体などに出たり、顔が真っ赤になる、腫れ上がる、このような症状が出るケースがあります。

このようなアレルギーについては、病院で詳しく診察をしてくれます。
この場合であればパンを食べてアレルギーが出てしまったことを、医師の方に説明をすると、他にもどのような物を食べたのかを同時に尋ねられることがあります。
そのような経緯で所見を行ってもらい、その際にこのようにココナッツなどやピーナッツ、他にもナッツ系などの食べ物はダメ、また、小麦粉を含めた食品がダメであることを、検査してもらいます。

食べてはならないものが分かった後に、例えばお子さんなどがこのような症状が出てしまった場合は、給食などでも同様に痒みなどが出てしまうケースがあることから、早急に保育園などに連絡をするべきとされています。

関連記事