日本人の食生活が時代と共に変化することにより、アレルギーを発症する人は年々増加傾向にあります。花粉症もこれに当てはまり年々患者が増加しているので、ザイザルやアレグラなどの治療薬を常備して花粉症に備えましょう。

  • ホーム
  • 抗アレルギー薬セチリジン服用での頭痛

抗アレルギー薬セチリジン服用での頭痛

錠剤

抗アレルギー薬であるセチリジンを服用し、頭痛が起こることがあります。
セチリジンは、湿疹の薬にも含まれる成分で、アレルギー症状を誘発するヒスタミンが作用するのを妨ぎます。
それにより、アレルギー性鼻炎やじんましん、湿疹などの皮膚炎等の症状が改善されます。
抗ヒスタミン薬としては、眠気の副作用が少ない薬ですが、頭痛を訴える人もいます。
薬である以上、体にとっては異物であり、その存在を感知すると、免疫系はさまざまな対応をします。
そのことで、さまざまな症状が引き起こされますが、個人差が大きく、症状も症状の出方も人それぞれです。

セチリジンの場合は、頭痛を訴える人もいる一方で、下痢や胃痛、口唇炎、便秘など、消化器系の副作用が出る人もいます。
血圧上昇や不整脈など、循環器系の不調が訴えられることもあります。

セチリジン系の薬には、アゼプチンやセルテクト、ジルテックなど、非常によく使われている薬が多く、服用者の数は極めて多いでしょう。
アレルギー治療では、ごく一般的に用いられている薬ですので、副作用については周知されることが望まれます。
アレルギー症状は長期に渡ることが多く、服用期間が長期に及ぶことが少なくありません。
アレルギー患者の中には、アレルギー症状さえ改善されるなら、少々の副作用は構わないとする人も多いものです。
より効果の高い薬であるステロイドを使えば、症状が軽減されることはわかっていても、副作用が懸念されるために使用を避け、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン剤の段階でなんとかしたいと希望する人はかなり多いです。

ただ、セチリジンの服用では副作用は少ないものの、時にはアナフィラキシー様症状を引き起こすこともありますので、注意が必要です。

関連記事