日本人の食生活が時代と共に変化することにより、アレルギーを発症する人は年々増加傾向にあります。花粉症もこれに当てはまり年々患者が増加しているので、ザイザルやアレグラなどの治療薬を常備して花粉症に備えましょう。

  • ホーム
  • 白樺となす、花粉症と口腔アレルギーの意外な関係

白樺となす、花粉症と口腔アレルギーの意外な関係

丸い錠剤

春先から初夏にかけての季節は、花粉症の人にとって、とてもつらい季節です。
毎年この時期になると、くしゃみや鼻水、目のかゆみや眠気に悩まされ、マスクや薬が手放せないという人も多いことでしょう。
花粉症の原因としては、スギ花粉が最も有名ですが、スギの少ない北海道では、白樺の花粉症の人が多くみられます。
白樺花粉症も、スギ花粉症と同様、白樺花粉が飛散する春先から初夏にかけて、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどに悩まされます。

また、もう一つ注意が必要なのは、口腔アレルギーです。
花粉症の人は、ある特定の果物や野菜などを食べたとき、口の中がチクチクしたり、腫れたり、ひどい人になると、喘息を起こすことがあります。
なぜ花粉症の人は、口腔アレルギーを起こしやすいのでしょう。

それは、食物の中に含まれているたんぱく質が、花粉とよく似た構造をしているため、身体が間違ってアレルギー反応を起こすからです。
では、花粉症の人が口腔アレルギーを起こしやすい食べ物には、どのようなものがあるのでしょう。

口腔アレルギーが出やすい食べ物は、人によって違いますが、果物では、りんごやさくらんぼ、ももなど、バラ科の果物をはじめ、メロンやスイカ、いちご、パイナップル、キウイフルーツなどが多いと言われています。
また野菜では、セロリやパセリ、なすや山芋などで口腔アレルギーを起こす人が多いのです。
りんごやパイナップル、山芋などは、口腔アレルギーを起こす人が多いため、比較的認知度も高いです。
また、花粉症ではない人でも、パイナップルや山芋でかぶれを起こすことがありますので、食べるときに気をつけている人も多いかもしれません。
しかし、意外と知られていない、なすなどの野菜を食べるときには、まずはひと口食べて見て、大丈夫だったら食べ進めるなど、慎重に食べることをおすすめします。

関連記事