日本人の食生活が時代と共に変化することにより、アレルギーを発症する人は年々増加傾向にあります。花粉症もこれに当てはまり年々患者が増加しているので、ザイザルやアレグラなどの治療薬を常備して花粉症に備えましょう。

更新履歴

日本人の食生活が欧米化することによってどんどん体格が大きくなっています。
それだけでなくアレルギーで悩まされる人も増えています。
中でも毎年春先になると大勢の人が悩まされる花粉症があります。
これはアレルギー性鼻炎です。
スギやヒノキでアレルギー症状を起こしてしまうのです。
春だけでなく一年中何かしらの原因でこのような症状が続いてしまう通年性のアレルギー性鼻炎の人もおられます。

主な症状はくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった症状があります。
咳が出たりかゆみが出る人もおられます。

ジルテックやザイザル、アレグラで症状を鎮めることができます。
また、ザイザルは個人輸入でまとめ買い可能ですのでアレルギーが多い人などは常備しておくのが良いでしょう。

アレルギーに効く薬には漢方薬もあります。
薬の効果としては市販薬の多くは症状を抑える薬です。

第一次世代抗ヒスタミン薬が使われていて、くしゃみや鼻水などを止めるのに即効性があります。
症状をすぐに抑えたい人に向いています。
しかしのどが渇いたり集中力が落ちたり眠気が強く出ることがあります。
運転などをしないよう注意書きがあります。

それを改善した第二世代抗ヒスタミン薬があります。
これはどちらかというと即効性がありません。
つらい症状が出たときに飲む薬ではなく、花粉症の場合なら花粉が飛び出す前から飲み続けると効果を発揮するという薬です。

そして漢方では水毒の治療を行うことで改善することができます。
ドラッグストアなどでもアレルギー性鼻炎の漢方薬が売られていますが、症状を改善するだけでなく体質を改善することができるので専門医に相談しましょう。
今のところ薬を飲んで治すということができません。
食生活を改善したりアレルギー物質を特定してそれを避けるように努力する必要があります。

記事一覧
薬を飲む女性

ペットを飼い始めてから、鼻がむずむずしたり目がかゆくなったりする症状に悩まされるようになった人は、も...

錠剤

里芋は、昔から日本人に親しまれてきたおいしい食べ物の一つですが、こちらの里芋についてもアレルギー反応...

薬

わたしたち日本人は少なくともいくつかのアレルギーを持っているようです。 最もよく耳にする身近なアレル...

色とりどりの錠剤

アレルギーには様々な種類があります、卵や牛乳などの食物アレルギーに始まり、毎年多くの人を悩ませる、ス...